漢方の得意分野・適応疾患

漢方の得意分野・適応疾患

漢方の得意分野

漢方適応の高い症状

  • 体が冷える
  • のぼせる
  • 微熱がつづく
  • めまいがする
  • 顔色が悪い
  • むくみやすい
  • 太りすぎ
  • 痩せすぎ
  • 疲れやすい
  • 眠れない
  • 性欲がなくなった
  • 肩がこる
  • 頭痛がする
  • 目が疲れる
  • 口が苦い
  • 口が乾く
  • 耳鳴りがする
  • 下痢しやすい
  • 便秘しやすい
  • すぐに腹が痛くなる
  • 頻尿
  • 尿が出にくい
  • イライラする
  • 食欲がない
  • 汗をよくかく
  • 風邪をひきやすい
  • 不安感が続く




漢方適応の高い疾患

  • 神経性の病気
  • 頭痛、脱毛症、不眠症、神経症、自律神経失調症、眩暈
  • 眼、鼻、耳、口の病気
  • 白内障、緑内障、眼精疲労、花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、口内炎、中耳炎
  • 呼吸器系の病気
  • 風邪、扁桃肥大、喘息、慢性気管支炎、小児喘息
  • 循環器系の病気
  • 高血圧、狭心症、動悸、息切れ、不整脈
  • 胃、腸、尿路系の病気
  • 慢性胃炎、胃潰瘍、便秘症、下痢症、過敏性大腸炎、二日酔い、痔核、夜尿症、頻尿、慢性膀胱炎
  • 肝臓、腎臓の病気
  • 慢性肝炎(C型・B型)、慢性腎炎、蛋白尿
  • 皮膚の病気
  • アトピー性皮膚炎、ニキビ、肌荒れ、シミ、乾癬、おでき、頑固な皮膚病、蕁麻疹、主婦湿疹、接触性皮膚炎、掌蹠膿疱症
  • 関節や神経系の病気
  • 腰痛症、変形性関節症、神経痛、慢性関節リウマチ、膝関節痛、五十肩
  • 女性の病気
  • 月経痛、月経異常、不妊症、冷え性、妊娠中毒症 、子宮筋腫、子宮内膜症、妊娠悪疸
  • その他の病気
  • 更年期障害、癌の予防、癌の再発防止、術後の体力回復、虚弱体質、膠原病、甲状腺疾患、むくみ、こむらがえり、水虫、高脂血症、肩こり、骨粗鬆症、精力減退、現代医学で原因不明の疾患

漢方の得意分野

  • アトピー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎は内から治すべき病気です。外から軟膏やクリームをいくら塗っても、塗っているときだけよくて、中止すればもとどおり悪化してくるというのを繰り返している方が多いのです。漢方治療は一人一人の方の状態や症状、体質にあわせてオーダーメイドで漢方処方をつくって服用していただいてます。漢方軟膏、漢方浴剤、漢方止痒散薬などを駆使して、時間はかかりますが良好な治療成績を出しています。
  • 更年期障害と肩こり
  • 閉経前後から始まる更年期障害は、人によって軽重がありますが、症状も実に様々で、身体症状と精神症状が複雑にからみ合っています。漢方では「気、血、水」すべての異常を調節していきますので多彩な愁訴に対して、一つの処方で対応できるのです。肩こりなどもつらい割には正式な病気に入れてもらえないもので、東洋医学の治療がよく効きます。
  • 冷え性、生理痛、ニキビ
  • 女性に多いこれらの症状は、漢方でいう「お血」という状態に起因していることが多いのです。「お血」とは血のとどこおり、うっ滞体質のことで、独特の診察法と漢方治療薬があります。軟膏で治りきらないような頑固な大人ニキビも漢方内服で必ず治ります。
  • 便秘と下痢
  • 一口に便秘といえど、様々なタイプがあり、漢方の処方はきめ細かく対応できます。長期服用しても害も習慣性もありません。女性は便秘が多く、肌荒れ、腹満、頭痛などの原因となる場合が多いのです。一方、体質的な下痢症は、体力低下をきたしやすく、腸の機能を根本的に改善する必要があります。このような「体質病」の治療も漢方は得意です。
  • 不妊症
  • 不妊症は当院の得意分野の一つです。ご結婚後何年にもわたり、何をしても妊娠、着床しなかった方から「おめでた」の電話がかかってくる時ほどうれしいものはありません。当院ではその人その人に合った漢方処方の煎じ薬を服用していただき、温灸治療も併用していきます。場合によっては、ご主人にも処方することがあります。
  • 癌の予防と術後対策
  • 癌に対する抵抗力、予防力をつけるには漢方薬が有効であることは広く知られてきています。又、手術や放射線治療、抗がん剤で弱った身体を元気にして副作用を抑制することもできます。さらに漢方薬には延命効果も認められています。
  • 小児喘息
  • 小児喘息のお子さんに西洋薬と同時に漢方薬も併用して服用してもらうと、西洋薬だけを投与している場合より経過が良く、風邪をひかなくなる、ひいてもすぐ治る、元気に遊ぶようになったなどの声がよく聞かれます。うまくいくと、西洋薬がいらなくなります。